マリーナ日記

Marina diary

真鍋島クルージング&散策

マリーナスタッフHは今回は真鍋島へクルージング&散策に向かいました。

仁尾マリーナを出発して北北西へ10kmほどで荘内半島の突端三崎が見えてきます。

この辺りが真鍋島への行程の約半分です。

三崎の左に見える三角の山、六島を目印に進みます。

真鍋島が見えてきました。正面が中央に見えているのが真鍋島、左が北木島、右が佐柳島です。

真鍋島は平安時代末期に藤原氏の一族が水軍の根拠地を置いて真鍋を名乗り、全盛期には付近の島々をことごとく支配下に置いていたとも言われています。

 

真鍋島港(本浦港)へ入港。係留場所は笠岡市観光連盟に事前に問い合わせたところ、本浦港ととこのはな公園の間にある桟橋に空いていれば係留して良いとのこと(予約不要。係船料無料)。上記写真はその桟橋です。

真鍋島観光MAP

漁師料理の店、漁火で昼食を予約すれば、このお店の目の前のお店専用桟橋に係留することができます。

蛸壺がびっしり。

可愛らしい建物は交番でした。

雰囲気のある裏道を散策。

何とも珍しい鳩の瓦を発見!

定期船切符売り場

定食屋さん

島は歩いて回れる大きさです。

ふれあいパークには沢山の花壇があります。

 

映画「瀬戸内少年野球団」のロケ地となった中学校。現在もこの校舎は現役で使われています。平日は校内の見学も可能。

強い日差しの中歩き回りクタクタになったので休憩、とてもお洒落なカフェを発見。神戸から移住されたご夫妻が経営されている「モトエカフェ」でひと休み。ゲストハウスにもなっていて宿泊も可能。最近は海外からのお客様も増えているそうです。

次回も瀬戸内の島を旅してみようと思います。

海図 燧灘

 

 

ビジター桟橋について

 お客様へ  

5月18日~20日の期間、イベントの為ビジター桟橋の

利用を中止させていただきます。(写真部分

ご迷惑おかけしますが、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

地引網漁

地引網漁が明日より開始します。

網を引いている漁船には、絶対ちかづかないように

お願いします!!